背中や腰が痛い人におすすめの体圧分散マットレスメーカー比較

人がマットレスや布団に横になると、頭やお尻などの重い部分が他の場所に比べて
凹みます。

 

柔らかいフカフカのベッドが人気だったのは既に昔の話で、横になった瞬間の気持ち良さ
はあるものの、フカフカで柔らかいので、頭やお尻の部分は極端に沈みこみ、

 

腰が曲がった状態になるので、腰が痛み、また寝返りもしずらいので、更に体に負担
がかかります。

 

体圧分散マットレス比較 

 

そこで、寝具メーカーが開発し、最近有名になっているのが

 

”体圧分散マットレス” です

 

体圧分散マットレスでは腰や肩の負担が軽減

 

ホテルに行くと、ベッドが柔らかいので、ベッドの下にシーツを敷いて寝る人がいるぐらい以前のベッドやマットレスは柔らかいものでした。

 

体圧分散マットレスは、一部の体の重みを体全体に分散し、重いところだけが沈みこまない様にした構造のマットレスです。

 

比較的、表面は硬く、マットレス自体の密度も高いものが多いです。

 

 

体圧分散マットレス
体圧分散がされていて体の負担が少ない状態

 

体圧分散マットレス比較
柔らかい又は硬いマットレスや敷布団に横になった状態
負担が多い

 

 

現在では、引き続き低反発マットレスやただ表面が硬い高反発マットレスが販売されていますが、体圧分散マットレスの商品数が増えてきました。
 

 

体圧分散マットレス

 

体圧分散マットレスメーカー一覧比較

 

体圧分散マットレスメーカー一覧比較 

 

体圧分散マットレスモットン

 

体圧分散マットレスのモットンの大きな特徴の一つは、眠っている間にかかる体圧を一部に集中させることなく、体全体に分散させることができることです。一部分に体圧がかかってしまうと、その部分にどうしても痛みが発生してしまいます。

 

しかし、体圧分散マットレスのモットンで眠ると、腰痛に悩まされていた人も改善されたという人が多いです。また、モットンは高反発マットレスのタイプに属します。その名の通り反発力が非常に優れているのが特徴です。高反発というと硬くて痛そうというイメージを持っている人もいるようですうが、決して硬いということではなく、一旦沈み込んだ後、再び体を下から持ち上げてくれる感じです。

 

ところで、高反発に対して低反発マットレスもあります。低反発というのは反発力が低いマットレスのことを言いますが、じわっと沈み込んで安定します。体圧も分散されるので心地良さという点では、高反発以上に良いと感じる方も多いようです。

 

ただ、低反発は身体が沈み込んだままなので、寝返りをうつのが大変です。寝返りの回数が少なくなると、血行やリンパの流れが悪くなるので、腰痛や肩こりなどが悪化してしまうということもあるので注意が必要です。

 

 

体圧分散の布団 雲のやすらぎ

 

ぐっすり睡眠したいのにすぐ起きてしまう、なかなか眠れた気がしない、寝る時に腰や背中が痛くなるなど睡眠の際に悩みを抱えていらっしゃる方は少なくありません。柔らかすぎる敷布団では腰が沈みすぎて腰痛の原因になることもあり、硬すぎる敷布団では同じ場所に負担がかかり体が痛くなります。

 

なので寝具の中でも敷布団選びは一番大切です。寝具を一つ買い替えるとするなら、おすすめしたいのは体圧分散マットレスです。まるで雲の上で休んでいるみたいと好評の「雲のやすらぎ」は安心の日本製でこだわりの特徴があります。

 

厚さ17cmの大ボリュームで理想の寝姿勢を保つことができます。ロレーヌダウン(フランス産羊毛)、凹凸アルファマット、高反発スプリングマット、凹凸アルファマット、マイティトップUの5層構造のマットレスで畳でもフローリングでもベッドでも使うことができます。

 

高反発スプリングマットが体の動きに合わせてしなやかに対応し体圧を分散させ羊毛面では布団の中の温度と湿度を最適にし、アルファマットが通気性を整えてくれるのでぐっすり眠ることができます。マイティトップUの中綿は抗菌、防ダニ、防臭効果に優れているのでアレルギー体質の方にもおすすめです。

 

体圧分散マットレスNo.1知名度 マニフレックス

 

マニフレックスのマットレスの特徴に体圧分散マットレスがあります。昔はベッドのマットは乾燥剤などをカバーして使っていましたが、快適で弾力性がある鋼製スプリングを内臓したマットレスが作られて、それが一般的なベッドとなりました。

 

実はスプリングベッドが理想的なベッドであるということはないのです。スプリングマットレスの場合、体の重い部分が支点となり、体重を支えます。しかし、睡眠中の体にかかる負担は大きく血行を阻害して腰痛の原因となるのです。

 

理想とするマットレスは、自然に立った時に無理のない背骨の湾曲を仰向けで寝た時の姿勢でも保てるように体圧を分散することが良いのです。マニフレックスの体圧分散マットレスは、マットレスの芯材に使用している新世代ポリウレタンフォームを使用しています。

 

このポリウレタンフォームは、柔らかすぎず硬すぎない理想的な弾力性と復元性があり、世界特許を取得した高密度弾性素材なのです。マニフレックスの体圧分散マットレスの上に横になると、一度沈みこみ、そこから体の圧力を均一に分散させて押し上げて背骨などにカーブに融合して、個人に合わせて快適な睡眠姿勢が可能になります。

 

スポンジに似た構造ですが、長期間使用しても型崩れせずに、ポリウレタンフォームは空気を吸収するため、汗を吸収しながら放湿性が高く、衛生面でも安心なマットレスです。

 

西川エアー

 

人は人生において、3分の1の時間を睡眠に充てていると言われていますが、睡眠はその日の疲れを癒やし、体力を回復させる上で非常に重要なものです。

 

しかし、睡眠と一口に言っても、いかに効率のよい睡眠を取れているかということは非常に重要で、体に負担のかかる姿勢で寝ているのでは、体力も十分に回復しませんし、場合によっては腰痛や背中の痛みといった症状を引き起こしてしまうこともあります。

 

西川エアーからリリースされている体圧分散マットレスは、少ない箇所にかかりがちな体圧を効果的に分散させることにより、腰などに過度な負担がかかるのを防ぐことができるものです。体の癖や好みに合わせて弾力の強さも2種類のものから選ぶことができ、体重が軽い人も重い人もしっかりと全身を支えてくれます。

 

通気性の良いホールが備わっているので、汗が溜まりにくく、不快な臭いやカビなどの心配が無いのも大きな特徴です。しかし、一般的なマットレスに比べると、価格が高いというのも特徴で、気になっているものの中々手が出ないという人もいます。

 

しかし、優れた耐久性がありますし、一度購入すればそうそう買い替えるというものでも無いので、貴重な睡眠時間をより良いものにするという意味でも投資の価値があるものと言えます。

 

おすすめは?

 

マットレスメーカー比較おすすめは?マットレスを高級なものに変えると、眠りが劇的に変わります。

 

 

一日のうちで眠っている時間というのは実に約3分の1もあり、質の良い眠りができるかどうかによって一日の調子が大きく左右されることになります。

 

そして、その質の良い眠りができるかどうかは、マットレスの質によって決まるということが、最近だんだんとわかってくるようになりました。

 

国内外の寝具メーカーでは、従来の製品にはなかった新しいマットレスを次々に開発しています。そして、どのメーカーも質の良い眠りが可能となることを宣伝しています。そのため消費者の中には、いったいどのメーカーのマットレスを選んだら良いのか迷ってしまうと言う人も多いようです。価格も普通のマットレスと比べるとかなり高額になっていますので、失敗は許されません。

 

しかし、良いか悪いかは、実際にしばらく使ってみないとわからないというのは、マットレス選びの難しいところです。口コミなどを見ても感じ方には個人差がありますから鵜呑みにするわけにはいかず、また、体格差によっても大きな違いがあることでしょう。

 

このような中にあって、体圧分散マットレスのモットンをおすすめなのには理由があります。一つは返品が可能だからです。実際に使ってみないと自分に合っているかどうかわからないわけですが、モットンの場合90日間使った後で、気に入らなければ返品することができるのです。

 

実際に90日間使用した後の返品を認めるということは、会社としては大きなリスクが伴うことです。しかし、ユーザーの94.2%以上の方がモットンを買って満足しているというデータ結果から、商品に対して絶対的な自信があるのでしょう。

 

また、モットンではユーザーの体格差を考慮して、体重別に三つの硬さを用意しています。子供や体重が軽い人はやや柔らかいマットレス、体重が思い人は硬めのマットレスを選ぶことができます。90日間の返品保証を利用して、硬さを後から変更することも可能です。

 

このように消費者のことをよく考え、後悔することがないように配慮しているモットンは、それだけで好印象を与えてくれます。

 

体圧分散マットレスはモットンのほかにも、雲のやすらぎやマニフレックス、西川エアーなど、いくつかのメーカーがありますが、その中では保証制度の充実からもモットンが一番のおすすめと言えます。価格もお手頃価格が設定され、お求めやすい価格になっているのもありがたいところです。

 

寝ている時に必要なこと

 

寝ている時に必要なこと

寝ている時でも、起きている時でも背中や腰に痛みがある場合、その痛みのある部分に負荷(重み)を掛けないことが痛みを取る一番の方法です。

 

負荷や体重の重みが掛かるから、その部分が痛む訳です。一時流行になった、低反発マットレスは、身体を包み込む用なフカフカが売りのマットレスで、昔の高級ベッドの様な寝心地が得られるマットレスでしたが、

 

低反発・柔らかい・フワフワというマットレスや布団 というのは、頭やお尻などの身体の重い部分が、重みで下がり、身体が曲がった状態になってしまいます。

 

身体が曲がると、曲がっている部分やその周辺部分に負荷(重み)が掛かります。よく、寝起きに腰が痛くなる人が多いのは、低反発や柔らかい布団に寝る事で、お尻が下がり、その為に腰に負荷がかかるのが理由です。

 

それでは、極端に固いマットレスや布団が良いか?というとそうでもありません。当然の事ながら、固すぎるマットレスや布団の場合、身体の接しているところが、圧迫されすぎて痛みが出てきます。
 
また、痛みがあると人間はその痛みを避けようと身体を動かすので、動いた身体の位置や体性が、どこかに負荷がかかる状態だと、その部分を痛めます。腰が痛い人も、背中が痛い人にとっても、マットレスや布団は柔らかすぎても固すぎても、ダメという事です。

 

体圧分散マットレス

 

 

そこで、今注目を浴びていて、腰痛・背中痛の人に人気なのが、”体圧分散マットレス=高反発マットレス” です。身体が沈みすぎず、でも固すぎないので、重いところだけに負荷が掛からないので、身体の重みが一点だけに集中せず、全体に分散されるマットレスです。

 

海外遠征が多く、且つ、体を十分に休ませなくてはいけないプロの運動選手などが愛用しています。

 

 

体圧分散マットレス

 

 

 

マットレス

眠っても眠っても疲れが取れないときはあります。それは寝具が悪かったりするのです。

 

でもなかなかどの寝具がいいのかわかりづらいからてきとうに買って選んでしまいます。そんな時には体圧分散マットレスでしょう。

 

体の疲れが取れないのは無理な姿勢で寝ているからです。自分では意識していないけれど、マットレスの性質でそうなってしまいがちであります。

 

凹凸があるマットレスであれば体が自然な形で収まるのでとても快適な寝心地になります。凸の部分が体で押されたとしても、その凸部分は完全につぶされないため体が少し浮いた状態になります。

 

凹部分との高さの差がありますので、体が凸部分に支えられて体が動きやすくなるのです。体全体がこのような状態になっていれば、マットレスが沈みこんでそれに伴い自分の体が歪み、骨も歪むなんてこともなくなります。

 

だから体圧分散マットレスは体にいいと言われるのです。寝返りが楽に打てることも要因の一つです。普通のマットレスだと体が沈みこんでいますので寝返りを打つときに妙に力が入っていたり、体をうまく動かせなかったりします。

 

その結果、満足に寝返りを打てないので、体が落ち着かず、さらに寝返りを繰り返すのです。そうなると体は休めなくなってしまいます。だから翌朝まで疲れが残っていて、とれないということになってしまいがちです。

 

これが体圧分散マットレスだと、体が浮いていて動きやすいため、寝返りが打ちやすいです。そのため、寝返りを打ってもあまり疲れないので、結果的にあまり寝返りを打たないことになります。そもそも寝返りを打つのは体がマットレスに沈み込んでいるために体が歪んで疲れるからです。

 

もともと体が楽な状態であればそんなに寝返りを打つ必要はなくなるでしょう。凹凸がついているため空気を通しやすいことも重要です。空気を通しやすいということは、汗などを大量にかいても、蒸れにくいというのがあります。

 

そのため清潔になりやすく、いつでも快適な寝心地でいられるのです。また空気が体に触れやすいということで、涼しくなるという効果もあります。夏の熱帯夜なんかにはぴったりであるといえるでしょう。体圧分散マットレスはスポンジでできているため軽いです。

 

そのため動かすのも簡単であるし、掃除なんかをするときもとても楽になるでしょう。体の疲れを取りたいときにこれがあれば百人力であるといえるのです。これを買えばなぜ今まで普通のマットレスを買っていたのかと疑問になること間違いありません。

 

体圧分散が腰に良い理由

 

体圧分散が腰に良い理由

人間が一生の内にどれだけ睡眠に時間を費やしているかというと、一生を80年とすると20年から25年もの時間だと考えられています。

 

それだけ時間をかけているなら、より質の良い睡眠を目指すことで健康へと大きくつながります。自分の体に合った寝具を選ぶことは、その近道といっても過言ではありません。

 

現在健康に関心を持つ人たちの間で話題を集めているのが、体圧分散マットレスです。体が横になった状態で、体重を分散させることができるマットレスのことで、腰痛や肩凝りの緩和に効果があることで注目されています。

 

体の特定の部分にだけ体重がかかり続けると、その部分に痛みを感じたり痺れが生じたりするものです。それは寝ている時でも同じことで、腰や肩にだけ重みをかけ続けてしまうと大きな負担がかかり、痛みの原因となってしまいます。そうならないように開発されたのが体圧分散マットレスで、体重を分散させて特定の部分に負担がかからないようにすることが最大の特長です。

 

睡眠時には誰しも寝返りを打ってしまうものですが、寝返りの回数が多くなればなるほど睡眠の質は落ち、疲労が取れにくい状態へ陥ってしまいます。そもそも寝返りの原因は、体圧分散のない寝具で寝ていると体の下になっている部分が痺れて不快を感じ、寝返りを繰り返してしまうことが考えられます。

 

体圧分散マットレスを使用していれば痺れや痛みを感じることがなくなるので、自然と寝返りが少なくなるのです。そして結果的に熟睡ができ、質の良い睡眠を達成させることができます。体重の分散によって、長い間悩まされていた腰痛が改善したという報告は多数上がっています。まさか寝具で改善できたことに、多くの人たちが驚いているのです。

 

また、朝の目覚めの良さを実感しているという報告も多いです。寝ている間の姿勢は自分ではどうにもならないことですが、腰や肩など一部分に負担をかけることなく質の良い睡眠ができるよう、寝具選びは慎重に行うべきです。

 

体圧分散マットレスと低反発マットレスの違い

 

体圧分散マットレスと低反発マットレスの違い

体圧分散マットレスと低反発マットレスの違いを説明する前に、まず高反発パットレス低反発マットレスの違いを説明する必要があるでしょう。

 

高反発マットレスは反発力が強く、体が沈み込んでも、下から体を持ち上げる力が強いマットレスのことを言うのに対して、低反発マットレスはその逆で反発力が弱く、一旦体が沈み込むと、その態勢のまま落ち着きます。寝心地に関しては、好みの問題になります。

 

質の良い高反発マットレスは面全体で体圧を分散して、一部に体圧がかからないという特徴があります。その結果、腰痛改善に効果が高いとされています。それに対して低反発マットレスはお尻や肩など出ている部分は深く沈み、引っ込んでいる部分は浅く沈むという具合に、体のラインに沿って沈み込みます。

 

体圧を分散させるのではなく、吸収する形で一部に体圧がかかるのを防ぎます。そのため落ち着きが良く、柔らかく包み込まれるような寝心地になります。

 

体圧分散マットレスと低反発マットレスの違いで大きいのは、寝返りのしやすさです。高反発かつ体圧分散効果が高いマットレスは、寝返りがとてもしやすく、筋力が衰えた高齢者でも自然に寝返りをすることができます。しかし、低反発マットレスは体が沈み込んでしまうので寝返りがしにくくなります。

 

体圧分散マットレスと高反発マットレス違い

 

体圧分散マットレスと高反発マットレス違い

最近話題になっているマットレスには体圧分散マットレスや高反発マットレスがあります。この二つのマットレスの違いとは何でしょうか。

 

体圧分散マットレスは一部の身体の重みを身体全体に分散して重いところだけが沈み込まないようにしたマットレスです。

 

表面は硬くてマットレス自体の密度も高いものが殆どです。腰痛や背中の痛みがある人に人気があります。実は体圧分散マットレスは体圧分散マットレスは高反発マットレスは同じものです。身体が沈みすぎることなく、しかし固すぎることもないので重いところだけに負荷がかからず、体の重みが一点だけに集中しないで全体に分散されます。

 

海外の遠征が多くて身体を十分に休ませる必要があるプロのアスリートたちが愛用しています。
高反発は低反発と同じように沈みこみますが一定のところで止まって元にもどります。

 

低反発に比べると反発力が高いので高反発と呼ばれるようになりました。現在たくさんある高反発マットレスは、高反発は沈みこんだ後に一定のところで止まり元にもどる事が大きな特徴で、
立ったままの姿勢で寝られるので理想的な姿勢で眠れることや、負担のかかりやすい腰の部分をサポート出来るなどのメリットがあります。