MENU

マットレスのダニやダストを除去する方法

 

マットレスのダニやダストを除去する方法

マットレスは必ず敷きパッドやシーツ、など上に敷くので直接お肌に触れることはないでしょう。

 

ただ、敷き布団と違って厚みがある以上、ベランダで天日干しをするということもできませんし丸洗いも不可能です。

 

そのため適切なお手入れをしないままの方が多く、ダニやダストだらけだったりするのです。特に抵抗力の弱い子供やお年寄りがいるとそれが原因でアレルギー症状を起こしかねません。

 

布団ほど頻繁にではなくてもいいので、必ずメンテナンスは行なうようにして清潔に保てるようにしましょう。普段は敷きっぱなしのマットレスでしょうが、1ヶ月から3ヶ月に1回は上下や裏表を入れかえしましょう。

 

同じ状態でずっと使用していると、どうしても一部分がへたれてしまいます。また3ヶ月に1回のペースでいいので日光に当てるようにしましょう。それが不可能なら窓を開けたり扇風機を利用して部屋の湿気を取るだけでもカビなどの発生を抑制する効果はあります。

 

マットレス自体は1ヶ月や3ヶ月に1度のメンテナンスでいいものの、その上に敷いたベッドパットやシーツやカバーはもっとこまめに交換をする必要があります。寝ている間に人はコップ1杯から3杯分の汗をかくと言われています。

 

そんな大量の汗を吸い込んだシーツなどは雑菌が繁殖するもとです。また、汗の水分や塩分がマットレスまで到達すると中のコイルを痛めることになってしまいます。少しでも寿命を延ばすためにも、日々のお手入れはする必要があるのです。

 

ダニ対策

 

ただ、メンテナンスをきちんとしていてもダニが発生する場合はあります。ダニの死骸や糞をきちんと取り除くためにも定期的にカバーを外した上体で掃除機を掛けるようにしましょう。身体が接する表面だけでなく裏面や側面など隅々までしっかりとかける必要があります。

 

特に頭や足元が触れるところや縫い目部分はダニが集まりやすいので念入りにお掃除しておきましょう。掃除機で生きているダニを取り除くことは難しいです。鎌状の足で繊維にしがみついて離れないため20パーセント程度しか吸い込めません。

 

ただ死骸や糞を取り除くだけでもかなり違うのです。生きたダニを取り除くためのダニ採りシートなどもあるので、それらのグッズを利用しながら更にきれいにたもちましょう。マットレスの下にすのこを敷くだけでも繁殖率は減ります。

 

湿度が70パーセントから80パーセントくらいがダニに適した環境となるので湿気を防ぐ対策をとるのがよいのです。清潔なマットレスを保つことができれば安心してぐっすり眠ることができます。大きなものだけにお手入れが難しそうに思えますが、1ヶ月に1度だけで良いのです。

 

気にかけてやってダニやダストを除去するようにしましょう。最近は専用の掃除機なども出ていますし、下に除湿シートを敷くだけでも違います。便利なグッズも使いながら楽にお手入れしましょう。家族の健康を保つためにもメンテナンスは必要です。