ぎっくり腰を早く治すには?

 

ぎっくり腰を早く治すには?

ぎっくり腰はある日突然なることが多いですが、そうなる原因には日々の積み重ねがあります。

 

毎日同じ姿勢で長時間座っていたり、前屈姿勢で座っているとなりやすいといわれています。

 

また、症状がひどくなると痛くて起き上がれないほどになってしまいますが、腰に負担がかからないように姿勢よく座り、適度に立って軽くストレッチをすることがぎっくり腰の予防になります。

 

ぎっくり腰になってしまったら

 

しかしそれでもぎっくり腰になってしまう場合があります。早く治すには、早めの治療が長引かせないコツとなります。ではどうすればいいのかというと、まずは日常生活の中で腰に負担をかけない動作をするのがベストです。

 

といっても、痛みを軽減するための動作はよけに腰や体のバランスを崩してしまうことになるので、なるべく痛みを避けず、腰回りの筋肉を鍛えることが必要となってきます。熱を持っているときは冷やし、熱を持っていない場合は温めましょう。

 

個人差によりますので、温めるか冷やすかは各自で判断するか、できない場合はお医者さんなどに相談して決めるのがいいと思われます。また、早く治す方法として病院や整体医院に通うこともお勧めします。緊急性が必要な場合は病院へ行って診療してもらったほうがいいですが、慢性的であれば整体医院へ行くこともいいでしょう。

 

整体医院は親身になって治療方法などを相談でき、その場で機械などを使ってすぐ対処してもらえることもあるので、不安が軽減される可能性も高いですし、専門家の意見によって普段見落としがちなアドバイスも受けることができます。

 

大事なのは!

 

大事なのは、一人で悩まないことと、ぎっくり腰になったらすぐ専門機関へ行くこと、そして急激な痛みが引いてある程度自分で日常生活が送れるようになったら、状況によって冷やしたり温めたりすること。そして、腰に負担をかけない姿勢を自分で考え、甘やかさない程度に腰を動かし腰回りの筋肉を鍛えることがぎっくり腰を早く治す方法となります。

 

また、安静にしていることも大事です。しかし寝ていればいいというものではなく、激しい運動を控えて普段自分にできることから取り組み、痛みを軽減させていきましょうという意味です。

 

誰でもなる可能性がありますが、治る可能性の高いものでもありますので、まずはベストな方法で筋肉を鍛えることです。正しい姿勢で階段を使ったり、体のゆがみを整えることで生活習慣の改善にもなるので、ぜひ取り組んでみることをおすすめします。

 

 

ぎっくり腰記事一覧

 

突然腰に衝撃があって、猛烈な腰の痛みが出てくるのが、一般的にぎっくり腰と呼ばれる症状です。医学的には急性腰痛とか、椎間捻挫と言われたりもします。予想もしていなかった本当に突然のできごととして、瞬間的に腰椎は外れてしまいます。こうなれば腰の筋肉は、その負担には到底耐えきれるはずはなく、炎症を起こす腰痛となります。症状が引き起こる理由として、筋肉疲労もその一つになります。体の筋肉における、慢性的な疲労...

 
 

ぎっくり腰の治し方では、安静にするよりも動かせるところから動かすほうが早く治るとされています。ぎっくり腰になったら安静にすることが基本とされています。この時、腰の筋肉が縮こまっている状態のため、痛みが発生します。そのため、いつまでも安静にしていると筋肉が固まってしまい痛みが取れにくくなります。ずっと安静にしていても腰が固まっている感じがするため、また痛みがもどってくるのではないかと不安が残るように...

 
 

ぎっくり腰になった時に応急処置をしようと思いますが、ふと考えることが多いのが冷やすのか温めるのか、どっちがいいのかということではないでしょうか。どちらの方が正しいのか知っておかないと間違った処置をしてしまい症状を悪化させたり、長引かせたりしてしまう結果になってしまうので気をつけないといけません。どちらにしたら良いか迷いますが、基本的なことを言いますと筋肉の炎症である捻挫は患部を冷やさなければいけま...

 
 

ロキソニンは頭痛、生理痛、歯痛、抜糸後の疼痛など、幅広い痛みに対して使用されるお薬ですが、「ぎっくり腰の時でも効くのかどうか気になる」という方も多いのではないでしょうか。ぎっくり腰の痛みや炎症は「プロスタグランジン(PG)」という物質によって引き起こされます。服用薬のロキソニンは、「ロキソプロフェンナトリウム水和物」が、痛みや熱の原因物質である「プロスタグランジン(PG)」の生合成を抑制することで...

 
 

ぎっくり腰はとても一般的な症状ですが、その原因は腰の捻挫や肉離れということをご存知でしょうか。私たち現代人の生活は日々の中で腰に負担がかかることが多くあります。長時間のデスクワーク、車の運転、女性の場合はハイヒールを履いての生活、また、重い物を運んだり、寒い所で作業したりということも腰への負担が大きくかかります。特にデスクワークや長時間の運転で座りっぱなしという生活をしていると運動不足になり筋力が...

 
 

ぎっくり腰の前兆はひとつとは限りません。腰が重い感じがする、腰につっぱりを感じる、寝返りを打つと腰が痛い、骨盤のまわりが痛い、お尻が痛い、下半身の関節が痛い、足の裏にしびれがある、など色々あります。ぎっくり腰は一度発症するとくせになってしまうことも多いので、前兆に気付いたら安静に過ごすことが大切です。ぎっくり腰の直接の主原因は、急に負荷をかけ過ぎる、骨盤の歪み、の2つです。よくあるのは急に重いもの...

 
 

ぎっくり腰になると寝ている時に痛みを感じることがあります。痛みが楽になる寝方は、うつぶせです。うつぶせに寝ることで腰が上を向くため負担が少なくなります。うつぶせに長時間寝ていると内臓が圧迫され呼吸もしにくくなるため、睡眠時は横向きの寝方が良いです。横向きに寝る場合、腰の痛みが強い方の腰を上にして、痛みが少ないと感じるところまで体を丸めると楽に寝ることができます。両足の間にクッションなどを挟むと腰の...

 
 

ぎっくり腰は急にものすごい痛みとともに発症することが多いです。ぎっくり腰が起こった際は筋肉や靭帯で炎症が起こっている状態です。応急処置としてはまずは炎症していることを考えると患部を冷やすことが重要になります。炎症はほうっておくと周りの細胞も巻き込んでしまい炎症部分が広がってしまいます。冷やすことで細胞のはたらきをにぶらせることが出来ます。それと同時に血管が収縮するので、冷却することによってマヒ効果...