寝起きの腰痛を解消する方法

 

寝起きの腰痛を解消する方法

寝起きの腰痛はなぜ生じてしまうのか原因を説明します。まず一つ目は、就寝中の姿勢です。

 

あおむけで寝る姿勢が最も腰に負担がかからない方法です。逆に、うつぶせの姿勢で寝ると腰に最も負担がかかってしまいます。

 

ですが、寝る姿勢は人それぞれ好みがあるため、腰痛改善のためといってもうつぶせで寝ている方が急にあおむけで寝ることは難しいです。よって、解消方法はせめて、右か左のどちらか横向きで寝るようにしましょう。
 
二つ目は、体の歪みや腰の歪みです。体や腰の歪みは、内臓疾患にもつながるほど歪みは健康に悪いです。ゆがみが生じている場合、筋肉や関節に強い負荷が生じて、その結果腰痛になってしまいます。

 

ゆがみから起きる腰痛が生じたときの解消方法は、炎症を抑えるために痛い部分を冷やして動けるようになったら病院に行きましょう。また、自分でできることはストレッチをして体をリラックスさせて、体や腰の歪みを元に戻すようにするといいでしょう。ストレッチの方法は何種類かあるのでチャレンジしてください。

 

三つ目は、寝ているときの布団やベッドが自分の体に合っていない場合です。枕の高さがあっていないといびきが生じてしまう事と同じで寝いてる時の寝具が自分に合っていなかったら体に負担を与えている原因といえます。やわらかい敷布団がいいのか、または固い敷布団が良いのか選択しましょう。現状で、寝具が原因の場合の方の解消方法は寝具を変える工夫をするといいでしょう。

 

四つ目は、食事をとる時間が自分の体と合っていない場合です。寝る直前に食事をとると内臓に負担がかかってしまい、腰や背中の筋肉に負担をかけて固くなってしまいます。それが原因で朝の腰痛が生じてしまうので寝る2時間前までには食事をとるようにしましょう。

 

最後に、寝起きに腰の痛みを感じる原因は全て腰や背中の筋肉に負担がかかり固くなってしまう事で生じます。よって、それらを起こさないようにするために以上の4つのポイントを抑えることで改善することができます。

 

まとめ

 

寝る姿勢の工夫、体の歪みの解消、寝具の再確認、食事をとる時間の改善、この4つのポイントをおさえることで今までの腰の痛みを改善することができます。就寝中だけが腰の痛みの原因ではなく、常日頃の行いによって寝起きの腰の痛みに影響していることが分かります。

 

  自分で改善できる点を行い、それでも腰の痛みが解消されない場合は専門的な医療機関で相談をしてみて下さい。きっとよくなるでしょう。