低反発マットレスが腰(腰痛)に悪い理由

 

低反発マットレスが腰に悪い理由

低反発マットレスは、快眠できるメリットがある為にとても人気になっています。マットレスや枕など低反発素材で作られているものが沢山あります。

 

しかし体によいメリットが沢山ある反面、実はデメリットにもなることがありますので、先ずはよくその特徴を理解することが大切です。

 

低反発のマットレスは、寝ている間の体重を優しく押し返すように、一箇所だけに体重の負担がかからないように工夫がされています。特に腰痛のある場合には、症状が緩和する事や、改善できる効果がありますので、愛用している方がとても増えています。

 

睡眠障害のある方は沢山います、その原因も人それぞれですが、使っている寝具を変えることで、
質の良い睡眠をとることが可能です。色々な種類の低反発マットレスが販売されていますが、それぞれのメリットなどをよく比較する事が重要です。

 

低反発マットレスのデメリット

 

低反発マットレスの最大にデメリットになる点は、先ずその価格にあります。一般的なマットレスに比べると値段が何倍も高くなるものが沢山あります。デメリットは他にも、マットレスの通気性が劣るために、湿度の高い時期ではマットレスが蒸れてしまうこともあります。吸汗性のあるシーツを使ったほうが安心ですね。

 

低反発のマットレスは各メーカーにより、その質も異なります。低価格で販売されているものもありますが、質が劣る事もありますので安いからといって飛びついてしまうのも心配ですね。寝ている間は、体の背骨が程よく湾曲してS字カーブになることが理想です。

 

体重の重さにより、体の一部だけに負担がかかる事により、血行不順になってしまいます。疲労回復をするためにも、体がリラックスできる状態で快眠できるマットレスを選ぶことが重要なのです。低反発マットレスは、体が沈みむ為に腰痛や肩こりになってしまうこともあります。

 

寝心地はいいように感じるのですが、長年使っていると体の一部に負担がかかる心配もあります。
そしてデメリットには低反発マットレスは洗濯が出来ないために、お手入れが大変である事も特徴です。