エアウィーヴの口コミと評判|腰が痛い人にはどうなの?

フィギュアスケートの浅田真央さんがコマーシャルで起用されているマットレスで有名なのが、エアヴィーブです。

 

エアヴィーブは、浅田真央さん以外にも、遠征が多いスポーツ選手アスリートが滞在先のホテルで使用していることでも有名です。

 

>>スポーツ選手がおすすめする人気マットレスランキング<<

 

エアウィーブとは?

 

エアヴィーブとは?

個人差はあるものの、人間は一晩眠っている間に20〜30回程度の寝返りを打つと言われており、

 

寝返りを打つことによって、血液やリンパ液などの循環を良くしていき、体重によって身体のどこか一部だけに負担がかからないようにしています。

 

そのため、寝返りを打つことは、人間の健康のためには欠かすことができない行動と言えるでしょう。

 

しっかり眠ったつもりなのに、「朝起きた時に熟睡した気がしない」、「仕事中に眠くなる」、「朝起きた時に、肩や腰が痛い」という場合には、お使いのマットレスが身体に合っていないため、しっかり熟睡することができていないのかもしれません。

 

「エアウィーヴ」には、「復元性の高さ」、「体圧分散」、「優れた通気性」、「お手入れのしやすさ」と、優れた4つの特長があります。ひとつめは、「復元性の高さ」です。復元性と言われると少しイメージしにくいかもしれませんが、「エアウィーヴ」をぐっと指で押してみると、その反発力の高さを実感することができるはずです。

 

押さえた時には、すぐにしなやかに形が変わりますが、指を離してみると指に追いつくような素早さで元の形に戻ってしまいます。復元性が高いマットレスの上で寝返りを打つと、そのたびに適度に体を押し返してくれるので、寝返りが非常に楽になります。

 

体の動きにスムーズにマットレスパッドが反応するため、楽に寝返りができることから、眠りを防げずに、朝までぐっすり眠ることができるのです。2つめは、「体圧分散」です。体圧分散とは、睡眠時に横になった時に、頭や肩、腰、脚への圧力の偏りがなく、均等に体にかかる圧力を分散させて、マットレスにかかる体重を4点だけに集中させないことです。

 

体圧を分散させることに優れたマットレスで眠れば、夜中に何度も目が覚めることもありませんし、朝起きたときに、体のどこか一部に痛みがあるということもありません。しっかり朝まで眠ることができますので、疲労感を感じにくく、日中に眠気に襲われるということも少なくなるでしょう。

 

朝起きた時に、すでに体がだるいなんていうことはありませんか?そのような場合には、どこか痛みのある箇所だけに、集中的に圧力がかかっているため、体圧分散ができていないマットレスを使っているということになります。

 

また、快適な眠りを妨げる原因のひとつとして、「蒸れ」があります。とくに、日本のような高温多湿の気候では、季節ごとに合った「通気性」が必要となります。することができていないのかもしれません。「エアウィーヴ」の特長のなかでも、夏には蒸れにくく、冬には暖かい「優れた通気性」は、他のマットレスでは、なかなか体験することができません。

 

「エアウィーヴ」が夏に蒸れずに、冬に暖かい秘密は「airfiber」にあります。airfiberは、極細の繊維状の樹脂を編むような製法で作られていますので、抜群の通気性を生み出します。湿度センサーによるテストでは、「エアウィーヴ」は、時間が経過しても部屋の湿度とほぼ変わらない数値を保っていることが分かっています。

 

また、素材の90%は優れた断熱素材で構成されていますので、その空気によって冬にも暖かさを保つことができるため、四季を通じて快適な睡眠環境をサポートしてくれます。

 

お手入れのしやすさ最後に、4つめの優れた特長として、「お手入れのしやすさ」です。

 

人は、眠っている時に一晩でコップ一杯分もの汗をかくと言われますが、その汗がマットレスに溜まってしまうと、

 

カビやダニなどのアレルゲンの発生材料になってしまい、アトピー性皮膚炎や喘息などを引き起こしてしまいます。

 

一般的な、スプリング式のマットレスやウレタン製のマットレスは、水洗いができませんよね。それでは、その溜まった汗はどうなっているのでしょうか?通常であれば、1週間に何度かマットレスを立てかけて、風通しを良くしたり、日向で乾かすなどが必要になってきますが、なかなか難しいのが現実です。

 

実際には、半年に一度程度干しているという人が多いのではないでしょうか。そのため、外側のカバーはもちろん、マットレスパッドの内側の「airfiber」に至るまで、すべて水洗いすることが可能となっています。

 

お手入れ方法は、お風呂場などの広い場所で。40℃以下のぬるま湯でサッと流すだけで大丈夫です。とくに、ひどい汚れなどで気になるところがある場合には、中性洗剤を使って洗ってください。しっかりと水洗いした後は、できるだけホコリの少ない場所で陰干しをすれば、お手入れが完了します。

 

このように「エアウィーヴ」は、眠りの質や心地良さを追求するだけでなく、蒸れや湿気を予防し、長い期間にわたって快適な寝心地を楽しむことができるようになっています。

 

ベッドの上に重ねたり、マットレスや式布団の上にも重ねて使用できますので、すぐに今お使いの寝具をグレードアップさせることができるというのも、愛用されている方から評判となっている大きな特長であると言えるでしょう。

 

 

楽天に投稿されているエアウィ―ヴの口コミと評判を抜粋してみました。

 

*楽天エアウィ―ヴの口コミ引用

 

口コミ1

口コミ1エアウィーヴ〜よさそうです2年ぐらい前から、腰痛持ちになりました。先日、TVで寝返りできないのは、地獄ですという医師のコメントを見てびっくりしました。

 

私も一晩中殆ど動きませんでしたから。それで、真央ちゃんのコマーシャルを思い出しました。リアル店舗でお試しに寝てみることもできますが、勢いで「まぁ買っちゃおうか」となりまして1枚お手頃なライトを購入しました。

 

テン○ール的な低反発は腰が沈むので嫌いです。こちらは、逆に高反発なのでへこみませんからころころころがりやすく、楽な気がします。家族全員で順番に試しています…家族のために2枚目も買うつもりです。3つ折りにできます。

 

 

口コミ2

睡眠の質を求めてずっと低反発のテンピュールマット&枕を使用していて一応満足はしていたのですが、もっと寝心地の良いものを探してこちらの商品を求めました。しっかりと身体全体をサポートしてくれるようで、まだ3日間しか使用していませんが、特に不満はありません。

 

寝心地が悪かったらすぐに解かると思うのですが、問題なく寝られるし、朝の目覚めも快適なので、きっとこのマット(枕も同時購入したので両方とも)が良いのだと思います。エアウィーヴは高価格と思っていたのですが、そうでもなくコスパは高いと思います。

 

 

口コミ3

真央ちゃんマットレス、最高!思っていたより軽く、運びやすいので逆にマットレスとしての機能を心配しましたが、すごくいいです。主人曰く、「寝た瞬間が違う」とのこと。

 

私のプレゼント用に買ってくれたのですが、主人も使用したがり、奪い合い状態(笑)もう一つ購入を検討中です。他社と迷っていたのですが、大ファンの真央ちゃんが宣伝してる、というので選んだのですが、大正解でした。

 

 

 

 

 

エアウィーヴの良い評判

 

エアヴィーヴの良い評判

有名なアスリートがこぞって愛用しているマットレスとして一躍有名になったのが、エアウィーヴというマットレスです。

 

中には海外遠征先にまで持っていく選手もいるほど、身体に良い効果があるとして人気を博しましたが、具体的にどのようなメリットがあるかご存知の方は少ないでしょう。

 

正しく使用すれば腰痛の改善など様々な効果が見込めるのですが、決して安い買い物ではないので購入前に情報収集しておくと良いでしょう。

 

まずはエアウィーヴとは何なのか、その性能などについて基本的な情報を知っておくことが大切です。エアウィーヴとはとある会社が開発販売しているマットレスの名前で、一般的なウレタンやコイルなどのマットレス用素材を使用していないのが最大の特徴です。

 

特殊な素材を特殊な技術で海綿状に編み上げることでマットレス状に成形しているもので、基本的にはこれ一枚ではなく今まで使っていた布団やマットレスなどに重ねて使用することになります。厚みは約5センチ程度で非常に薄いのですが、非常に反発力が強いため例え1枚で敷いて寝ても床付き感がありません。

 

中身が海綿状の特殊な素材でできているため、通気性が非常に高くダニなども繁殖しにくいので非常に衛生的です。重量もあまりなく、女性が片手で持ちあげることもできるほどなのでどこへでも手軽に移動させることができます。

 

アスリートが遠征にまで持っていくことなどから話題となり、高反発マットレスの代表的存在として人気を集めるようになりました。サイズはシングルやセミダブル、ダブルといった基本的な展開になっており、横幅が一般的なマットレスより若干大きめにできています。

 

これら基本のサイズの他にも好みに応じてオーダーすることもでき、クイーンサイズやキングサイズを購入することもできます。通常のタイプの他にも、スリムタイプやマットレスタイプ、子供用タイプに布団として使用できるタイプなど数多くの商品がリリースされています。それぞれ特徴や適した使用法が異なるので、自分がどのタイプに合っているかよく調べてから購入しましょう。

 

これまでマットレスで話題になったものと言えば低反発素材が挙げられますが、低反発は身体にフィットする感覚や柔らかい寝心地などで人気を集めたものの、通気性が悪く熱がこもりがちだったり腰が沈み過ぎて腰痛が悪化するなどのデメリットもありました。このデメリットを見事にカバーしたのが高反発素材でできたエアウィーヴであり、具体的に良い点を挙げると以下のようになります。

 

・高反発素材でできているため、腰が沈み過ぎず体圧分散がうまく行えます。
・横になっている時の体圧が適度に分散されるため、腰痛の改善が見込めます。
・マットレスの復元性が高く、寝返りをサポートしてくれるので楽に身体を移動させることができます。

 

・マットレスの中身はほとんど空気なので、真夏の夜でも湿気がこもらず快適に眠ることができます。
・通気性が良いうえにダニや雑菌が繁殖しにくい素材であるため天日干しの必要がなく、お手入れの手間がかかりません。
・汚れた場合はカバーから取り外してシャワーで水洗いもできます。

 

・高価な分、一般的な体重と使用方法をしていれば約8年ほどは毎日使用できるほどの耐久性もあります。
・復元力が高いため、使用し続けるうちにヘタってしまっても裏返したりすれば反発力を取り戻せることも多いです。

 

 

エアウィーヴには様々なメリットが挙げられます

このように、エアウィーヴには様々なメリットが挙げられます。

 

いずれもこれまでの布団やマットレスの常識を覆すようなメリットであり、全く新しいマットレスとしての地位を確立しつつあります。

 

特殊な素材や技術を駆使して作られており、身体にとっても負担の少ない素晴らしいマットレスです。

 

このため、どうしても値段が高めになってしまい、シングルの一般的なタイプでも約6万円前後してしまいます。よりハイグレードなタイプになるとサイズが同じでも10万円近くするものもあり、マットレスとしては非常に高価な買い物になってしまいます。

 

ただ、マットレスは毎日睡眠のために使用する大切な存在です。健康な身体を維持するためには質の良い睡眠を摂り続ける必要があり、そのためには高品質で身体に優しいマットレスは必要不可欠です。

 

体に合わない粗悪なマットレスを使った場合、確かに価格は安いですが腰痛を引き起こしたりぐっすり熟睡できないなどの弊害が出る可能性もあります。自分の大切な身体を毎日任せる道具なので、質が良ければ高価なのも頷けるでしょう。

 

安かろう悪かろうという言葉にもある通り、睡眠に問題を感じている人はマットレスを見直してエアウィーヴのようにメリットの多いアイテムを使ってみるのも良いでしょう。もちろんどんな商品でもメリットがあればデメリットもあり、この製品も例外ではありません。大切なのはどちらの特徴も理解したうえで検討してから購入することなので、じっくりチェックするようにしましょう。

 

 

一方悪い評判は?

 

一方悪い評判は?

 

いくつもの良い評判がある一方、悪い点、デメリットを指摘する人もいます。

 

代表的なポイントを挙げてみます

 

 

・重さ

 

エアウィーヴの商品にはベッドマットレスやマットレスパッドなどがあり、シングルサイズから大きさが用意されています。シングルが一番小さいサイズになりますが、このサイズで7キロあります。

 

毎日マットレスに風を通すために上げたりする場合は、負担がかかると思います。腰や首などの調子があまり良くない人は注意が必要です。

 

 

・電気毛布などが使用できない

 

近年は湯たんぽではなく、電気毛布や電気のあんかを使用する人が増えています。これら電気製品は冬の寒さで眠ることができない時に使えるものなので、使えないというのは困ると思います。

 

公式ホームページにある質問ページでは電気毛布関連の質問に対し、電気毛布は就寝する30分前に切れば使用しても良いことが書いてあり、湯たんぽや電気あんかはカバーをして適温で使用すれば問題ないと書かれています。

 

電気毛布の場合は長時間使用しないこと、布団の中を温めたいなら就寝の30分前までなら使用しても良いということになります。湯たんぽや電気あんかに関しては、通常の使用時に気を付けることと一緒なのでやけどしないように気を付けることが大切です。

 

 

・直射日光に当てることができない

 

直射日光に当てることができない

寝具は天日干しをした方が良いというイメージが一般的で、布団やマットレスを天日干しにするとダニが死んだりふっくらしたりとメリットがあります。

 

また寝ている時は健康であればコップ1杯分の汗をかくといわれているので、下に敷くマットレスやシーツには寝汗が浸み込んでいます。

 

天日干しにすることで寝汗が除去されるので、カビの予防にもなります。

 

寝具を天日干しにするメリットはたくさんあるので、天日干しには向かないとなると使用を躊躇される可能性があります。エアウィーヴは直射日光に強くないのですが、1時間程度なら当てても大丈夫です。基本的には陰干しが向いているので、1時間でも毎日の天日干しは良くないと思います。

 

天気が良い日は寝具を干す人が多いとされますが、お出かけの際に直射日光が当たる場所にエアウィーヴを置いていかないように要注意です。日に当てたい時は家にいる時にして、時間を忘れないようにすると質を落とさずに天日干しが可能です。

 

寝具としては、日光に強くないことが一番の悪い点だと思われます。寝汗は湿気のもとになるので、ずっと敷いたままでいると布団の裏側にカビが生えてきます。湿気は直射日光に当てると蒸発して、カビの菌も死滅します。

 

実際にはカビやダニのことは知らずに、日に当てるとふっくらして気持ち良いから天日干しする人が多いようですが、昔から布団は日に当てる習慣があるので1時間程度しか干せない=ふっくらさせることができないという印象を持たれます。

 

夏のように日差しが強い時なら、1時間でもふっくらします。しかし、常に家にいるわけではないとか忙しい人は日に当てる機会がない可能性があります。そのような場合は、できる限り陰干しすることをオススメします。陰干しではダニを死滅させることはできませんが、敷きっぱなしよりは良い状態で保つことができます。

 

陰干しをする時は、可能であれば風が通る場所に置くと良いです。布団や寝具用マットレスの中身は、素材にもよりますが線維であることが多いです。風が通る場所に置くと線維の隙間にも風が通り、少しでも湿気を除去できます。

 

直射日光には適わないのが現実ですが、何もしないよりは陰干しを行った方が清潔です。風が通る場所がない時は、扇風機などを当てておくと良いです。マットレスはたたんだ状態より少し広げた状態で立たせて、全面に風を当てると効果的です。

 

お出かけ時や家にずっといない場合にも、扇風機を活用できます。扇風機についている切タイマーをセットしてから出かけると、就寝時に感じる寝心地が敷いたままの状態より良くなります。

 

 

エアウィーヴは日本が誇る繊維製品のメーカーで、会社に掲げられているスローガンは質の高い眠りです。そのスローガン通り寝心地の良さが評判ですが、数多くのマットレスと比べると中級クラスの質といわれています。マットレスを含めた寝具というものは、高ければ高いほど質が良くなります。

 

値段的に手頃なのでそれなりの質という意見もありますが、それが最もな魅力でもあります。エアウィーヴは比較的に安価で、快適な睡眠をとることができる寝具を求めている人に向く商品です。高額なものを使用すれば良質な睡眠をとることは可能ですが、経済的な面を考えて10万もかけられない場合に検討すると良いメーカーです。

 

エアウィーヴ(マットレス)の特徴

 

復元性の強さで寝返りが楽

 

復元性の強さで寝返りが楽

・エアウィーヴは「復元性」が高いマットレスです。復元性とは、エアウィーヴ素材を指で強く押すと形が変わります。

 

しかし指を離した途端、指に追いつくほどの速度ですばやく元の形にもどります。これが、エアウィーヴの復元性と呼ばれています。

 

・人は、眠っているときに20〜30回ほどの寝返りをうつといわれています。寝返りは、血液やリンパ液を体に循環させたり、体重で体の一部だけが圧迫されるのを防ぐ重要な役割をします。

 

しかし、寝心地の悪いマットレスで寝ていると寝姿勢が悪くなり、その分無駄な寝返りが多くなります。寝返りが多くなると、熟睡できる時間が少なくなってしまいます。

 

・エアウィーヴのマットレスは、復元性によって体重を押し返す力が強くなっています。そのため、寝返りをうつ際の体の動きがスムーズになり、ゆっくりと熟睡に導いてくれます。

 

・眠るときの理想的な姿勢は、背骨のS字カーブが直立したときと同じような形といわれています。体がマットレス側に落ちて「く」の字の姿勢になってしまう柔らかすぎる布団は、背骨や腰に負担をかけて睡眠を阻害します。

 

・硬すぎるマットレスならいいかというと、そうではありません。人間は横になったとき、頭、肩、腰、脚の4点で体重を支えています。マットレスが硬すぎると、4点だけで全体重を支えることになるので、目覚めたときに体が痛くなってしまいます。

 

・エアウィーヴは三次元状に絡み合った特殊素材によって、あらゆる方向から体を支えて体重を分散させてくれます。これが「体圧分散」です。これによって背骨のS字カーブをキープしつつ、体圧を分散させることができるのです。

 

通気性抜群

 

・エアウィーヴの中に使われている素材は90%が空気です。これは、極細な繊維状の樹脂を編んで作った特殊な断熱素材で出来ているためです。そのため夏は空気を通して蒸れにくく、冬は空気の断熱効果で体温を逃がさず暖かくしてくれます。

 

・エアウィーヴ素材は、水の中に樹脂を流し込み編むようにして作られています。そのため水に強く、外側のカバーはもちろん中の素材まで水洗いできます。お手入れ方法は、ぬるま湯でさっと流すだけ。いつも清潔に使えるので、カビやダニの心配もありません。

 

 

 

 

 

 

フィギュアスケートの浅田真央さんや歌舞伎の板東玉三郎さんがCMなどで宣伝し、量販店などでも販売されて有名な高反発マットレスのエアウィーヴですが、数多くの高反発マットレスを購入してきた私からすると何故、あんなに評判や口コミが良いのか不思議でした。厚みが薄いために、私には、マットレスが反発してくれているのか、そえとも、ただ、固いだけなのか分かりませんでした。エアウィーヴは、マットレスの厚みが5cmで、しかも、実際、高反発の素材自体は3.5cmしかありません。妻や娘が、使用した感じでは、まぁまぁ良いんじゃない? という感想でしたが、私の様に体重が70kgで、腰痛持ちの人間が寝ると、その厚みが全部押しつぶされてしまい、ただ硬いマットレスに寝ているのと、さほど違いが分かりませんでした。これならば、固いマットレスを2枚重ねにした方が、まだ体の重みが分散される様な気がします。楽天などの口コミが良い理由は恐らく・・・・私の様に、体重がちょっと?重めで腰痛持ちの人でも、エアヴィーヴの感想が良い理由が気になったので、自分なりに調べたところ、ある事に気が付きました。それは、エアヴィーヴを購入した人の殆どが、始めて高反発マットレスを購入する人だという事です。何と言っても、浅田真央さんが宣伝しているので、高反発マットレス=エアウィーヴという位、有名な商品なので、他の高反発マットレスを購入した事が無い人が殆どなのです。それまでは、普通のマットレスや敷布団、又は低反発マットレスを使っている人達からすると硬めのマットレスを使うと、それだけで寝返りがしやすくなり、腰の部分の凹みが減るので腰痛が解消されたと感じるのです。腰痛が楽になる、解消されるのだから、良いわけですが、それは、エアヴィーヴが良いというよりは、硬いマットレス”だから良いということなんです。ただ、硬いマットレスは、一時腰痛が解消された様に感じますが、徐々に、頭、肩、腰、足などの体重が掛かる部分が痛くなるのを感じてくるようになります。普通のマットレスや低反発のマットレスの時とは違う痛みです。エアヴィーヴなら、モットンや西川エアー、雲のやすらぎがお薦めですモットンや西川のエアー、雲の安らぎは、高反発で且つ硬すぎないで体全体に体重が分散されるのが実感出来ますし、痛みで夜中に目を覚ます様なことはありません。体重が軽い人なら、エアヴィーヴでも良いかもしれませんが、私の様に70kg以上の人には絶対、モットンや雲の安らぎがお薦めです。体重が軽い人にも、お薦めですが。