マニフレックスの評判と口コミ-私が買わない理由

 

マニフレックスの口コミと評判 

 

有名スポーツ選手が使用しており、テレビでもペナルティーのヒデさんが朝の情報番組ノンストップの1コーナーであるいいものプレミアムで宣伝している高反発マットレスでは、有名なマニフレックス(magniflex)ですが、実際に使用した人の口コミや感想はどうなのでしょうか?

 

良い口コミと悪い口コミの両方を検討してみました!

 

 

48歳 男性口コミ ヨーロッパでは有名です

 

48歳 男性口コミ ヨーロッパでは有名です

私は仕事でイタリアや他のヨーロッパ出張があるので、日本で有名になる前にこのマニフレックスを使用した事がありました。

 

イタリアやフランスはベット・寝具の先進国だけあり、このマニフレックス以外にも色々な商品があるので、高反発マットレス=マニフレックス という程ではなく、余りイタリア国内では有名な商品ではないみたいです。

 

ただ、日本で高反発マットレスが流行る様になったのはこのマニフレックスやドルメオ(Dormeo)が
海外で活躍する日本人選手が滞在先で、利用する様になったからだと思います。

 

でも、このマニフレックスもドルメオもそうなんですが、私や会社の同僚の評判でもそうですが日本のもある”固めのマットレス” という感じなんです。海外の場合、柔らかいマットレスやベッドが多いため、固いマットレスというだけで、貴重なのかもしれません。

 

それならば日本製の固めのマットレスを購入するのと変わらないと思います。また、イタリア製(海外製)だからだと思いますが、日本人には少し硬すぎると思います。

 

 

マニフレックスの良い口コミ

 

 

過去、東洋紡のブレスエアーを2年程使っていましたが、元から薄かったのに加えて
ヘタってきた感じだったので、高反発で耐久性が強いという口コミが多かった
マニフレックスを購入しました。

 

まだ購入して1ヶ月程度ですが、体重80kgの私には硬さもちょうどよく、
頑丈そうなので、今度は長く使えそうな気がします。
ただ、妻や娘には少し硬すぎるようです。


 

 

 

 

さすがマニフレックスです。マットレスだけでも色々な製品があるので
どれが良いのか悩むのですが、
どうせらなら、一番品質が良いメーカーおすすめの
メッシュウイングレオナルドを購入しました。

 

硬いのが好きな人、柔らかいのが好きな人、両方が使用できます。
私の場合は体重が70kgですが硬い面を使用しています。


 

 

 

腰痛持ちの70歳の母の為にマニフレックスのメッシュウイングを購入しました。
3つ折りに出来るので、朝起きたらしまえる事と十分な硬さなので、腰が
沈まず朝起きた時の腰の痛さが無くなった様です。


 

少し値段が高かったですが、高反発のマットレスが前から欲しかったので
買って正解でした。
今までは低反発マットレスで朝起きると腰が本当に辛かったので、高反発は
おすすめです。


 

 

マニフレックスの悪い口コミ

 

硬いです。朝起きたら首が痛くて私にはこの硬さは合わないです。
勿体無いので、このマットレスの上に柔らかい布団敷いてます。
購入した意味が、、、、無い


 

3つ折りが出来るメッシュウイング買いましたが、移動する際に、
3つ折りの布の部分が切れてしまいました。
重いので、折りたたんできちんと運べばよかったのですが、横に移動する時に
上部分だけを引っ張ったので原因です。


 

海外で活躍するスポーツ選手の評判や口コミが良い理由

 

海外で活躍するスポーツ選手の評判や口コミが良い理由

上述のとおり、海外に行くと柔らかいマットレスやベッドが多いので、

 

海外に出張したり、海外でプレーするスポーツ選手には、固めのマットレスというのは貴重な商品です。

 

日本でもベッドより、畳の上に敷布団で寝た方が程よい硬さなので寝心地が良いという感覚が、海外で味わえるので、人気なのかもしれません。

 

 

私は日本製のマットレスと敷布団雲の安らぎが一番腰痛に効果的でした

 

でも、この高反発マットレス・体圧分散という言葉は、腰痛持ちの私にとっては朗報で、この様な商品で日本人向けの商品は無いのか?と探して、見つけたのが、雲のやすらぎでした。

 

私の様に腰痛持ちで、従来のマットレスだと固すぎたり、柔らかすぎたりして寝起きに背中と腰が痛いという悩みを抱える人は非常に多く、この雲のやすらぎは、通販では非常に人気の商品です。マニフレックスの評判と口コミが良いのはこの雲のやすらぎを知らない方達の感想かもしれません。

 

 

 

 

マニフレックスとは?

 

マニフレックスはイタリアにある寝具メーカーで、特にマットレス製造では有名で1日に10,000個のマットレスを
製造し、世界各国に輸出をしています。
ユーザー数は世界で約3500万人以上と言われており、体重が重く体が大きい欧米人で腰痛に悩んでいる人に
好評で、高反発マットレスのパイオニアとしても有名です

 

 

マニフレックスの商品ラインナップ

マニフレックスは寝具メーカーなので、マットレスの他、枕、シーツ、ベッドフレームの製造販売もしていますが、
当サイトでは、マットレスの商品ラインナップをご紹介します

 

 

三つ折りタイプマットレス

入ル・マーレウイング メッシュ・ウイング・レオナルド メッシュ・ウイング

 

イルマーレウイング

 

異なる材質(硬め、ソフト)を
波の形にして貼り合わせた
2層構造のマットレス。
シングル価格:34,000円(正規店税別価格)

 

メッシュウイングレオナルド

 

日本限定のモデルで、硬めとソフトな
材質を裏表に使用したマットレス。

 

シングル価格:46,250円(正規店税別価格)

 

 

材質はエリオセルを使用した

高反発マットレスで通気性のよい

メッシュを使用

シングル価格:28,600円(正規店税別価格)

 

 

 

ベッド式マットレス

 

モデル トリノ モデル 246 エア・メッシュ

 

ベッド式マットレスで表と裏

リバーシブルで異なった

寝心地となるモデル

トリノ。マニフレックスでは

標準の「エリオセル」と

少し柔らかい「エリオセルMF」

を合わせ製品です。

シングル価格:68,000円

(正規店価格税別)

 


芯材に高密度ポリウレタン
(エリオセル)を使用し、弾力
性と復元性を兼ね備えた
新タイプのマットレス
ムレにくい構造での
衛生面にメリット
あります。

 

シングル価格:30,250円
(正規店価格税別)

 

マニフレックスエアメッシュ
マニフレックスのベッド式
マットレスの中で一番の
標準モデル。
価格が手頃ながらも体圧分散
に優れており、
側面にサーキュレーター
メッシュを使用し通気性を
確保しています
シングル価格:38,500円
(正規店価格税別)

 

 

 

マニフレックスと他メーカーとの比較

マニフレックスはマットレスも色々な商品があるので比較が難しいですが、
三つ折り式マットレスが、モットン、西川エアー、エアヴィーブ、雲のやすらぎと比較が
しやすいと思います。

 

またマニフレックス製品の中でも、特に口コミ評判が良いのが、
”メッシュウイング・レオナルド” です。

 

高反発の素材”エリオセル”に、少し柔らかい”エリオセルソフト”を組み合わせたマットレスで、
表と裏で違った寝心地になるので、

 

購入後に、自分の好みの面を選ぶことが出来るのがメリットです。

 

ただ、複合素材は結局、片方のメリットを潰してしまうという意見
(エリオセルの硬さをソフトエリオセルが柔らかくしてしまう)
があり、

 

高反発が好きなのに、想像以上に柔らかい と感じてる人の意見も
あります。