整形外科で腰痛が治らないのはどうして?

腰が痛い、そんなときはまず整形外科を受診するかと思います。
ですが、整形外科を受診して、レントゲン写真を撮影したり、少し大きな病院ではMRI検査を受けてより
詳細に背骨のところを検査しますが、原因がわからないことがほとんどです。

 

実は腰痛の85%は、その原因がはっきりしないという調査結果があります。

 

ではどうして、整形外科に行っても腰痛は改善しないのでしょうか。
その理由と整形外科に行って受けることができる治療、また腰痛改善に
おすすめな方法をご紹介していきます。

 

1 整形外科で腰痛が改善しない理由

 

冒頭で説明したように、整形外科を受診しても85%の腰痛はその原因がはっきりしません。

 

というのも、整形外科の先生自体が病気を専門に扱っており、
腰痛自体は病気かというと症状だけはあるものの、

 

例えば、骨が破壊されていたり、変形していない限り、レントゲン検査でも
MRI検査でもその痛みの症状が写ることはありません。

 

痛みの原因は、「炎症」です。炎症が起こっている場所は、目に見える表層の場所と、
なかなか見えない、深層の場所があります。

 

例えば、表層である皮膚を刃物で傷ついてしまうと、赤く腫れあがり、
痛みがでます。
そのときに体は防衛反応として、血流を増加させ、炎症性サイトカイン
という物質を放出します。

 

そのため、痛みがでて、赤く腫れあがります。
皮膚であれば、血流が増加して、腫れていることがわかります。
表層の場所で起きている炎症はその原因が特定しやすいです。

 

一方、深層に起きている炎症は、筋肉の奥深くや、内臓などに起きていて、
目にみえないので、その原因が何なのか、医師は症状と画像といった少ない
情報で診断しないといけないので、原因を特定するのがとても難しくなります。

 

腰の筋肉は目に見えない深層の部分にあるため、炎症が起きていてもなかなか
目に見えませんから、原因を特定するのが極めて困難なのです。

 

また、刃物で傷つけられたりすることで起こる炎症は急に起こるので
急性炎症と呼ばれます。

 

一方、ずっと同じ姿勢を続けていると、一カ所に力がかかります。このアンバランスな力
のかかり方によっても、そこに炎症性サイトカインと呼ばれる痛み物質がたまり、
炎症を起こすことがあります。

 

これが、慢性炎症と呼ばれる状態です。

 

慢性が同じ刺激が継続的に続くことで、引き起こされます。
慢性炎症になってしまうと、急性炎症とは違って、どうして痛みが起きてしまったのか
原因を特定することがとても難しくなります。

 

さらに、急性炎症も適切な処置が行われなければ、いつまでも痛みが続くので、
慢性炎症へと移行します。

 

原因不明の腰痛は慢性腰痛

 

腰痛の85%は原因がわからないといいましたが
多くの人は「慢性腰痛」という病名がつけられます。

 

つまり、腰痛は原因を特定しにくい、慢性炎症の病気です。

 

腰痛は、深層におきていてしかも、慢性炎症であることがほとんどであるため、
その原因を特定することがより難しいのです。

 

また、炎症は、眼で見える部分、表層の皮膚でも、痛み物質までは目で見ることはできません。
血液検査で炎症が起きているかどうか、炎症の値を測定することはできますが、

 

それは全身に炎症が起きている場合で、炎症が起きている箇所を特定することは
血液検査だけではわかりません。

 

そしてよっぽど腰の筋肉が腫れていれば、わかりますが、そこまで腫れておらず、
痛み物質だけが筋肉に蓄積されている慢性炎症の状態では、レントゲン検査でも
MRI検査でも判定することはかなり難しく、

 

むしろ、痛み物質が蓄積している状態を診断できないことがほとんどです。

 

このように検査をしても、画像で写ってくることもなく、血液検査をしても場所を特定することが
できないので、整形外科を受診しても、腰痛が改善することができないのです。

 

ただ、腰に痛みが起こっているということは、腰の筋肉に炎症が起こっている
ということだけはわかります。

 

しかし、その炎症を引き起こしている原因を診断するのは、画像検査を行っても
血液検査を行ってもわかりません。

 

痛みは起きているので、痛み物質を抑える薬として、鎮痛剤や湿布を処方されます。

 

薬で腰痛の症状は多少抑えることはできます。ところが、その痛みを引き起こしている、
痛み物質を作っている原因はわからないので、腰痛は治りません。

 

腰の痛みを引き起こしている原因は、姿勢であるといわれていますが、
どんな姿勢を普段していて、さらにどの筋肉が酷使されていて、
どの筋肉が衰えているかまではわかりません。

 

ですので、整形外科でも、適度な運動とストレッチを指示されて、
治療を終了することがほとんどです。

 

ですが、患者さんは原因を知りたいですし、自分の腰痛の原因がどの筋肉、
どの姿勢が悪かまでは診断することは極めて困難なので、腰痛がいまいち改善せず、
不満に思ってしまっています。

 

こういった理由から、整形外科を受診しても、腰痛がなかなか改善しないのです。

 

 

 

 

病院で治療した方がいい腰痛とは?

 

腰痛の原因のほとんどがはっきりとしないことがほとんどです。

 

ですが、腰痛を引き起こしている原因に背骨の異常が見つかることも
もちろんあります。

 

こういったケースの腰痛はもちろん、整形外科で治療した方がいいです。
自己判断で、マッサージを行ったり、運動をするとかえって悪化することもあるので、
病院で治療した方がいい腰痛についてご紹介していきましょう。

 

・椎間板ヘルニア

 

よく腰痛の原因で最初に鑑別される疾患として「椎間板ヘルニア」があります。

 

椎間板ヘルニアは、腰椎の椎間板が突き出てしまって、
脊髄中枢神経や末梢神経を圧迫してしまう病気のことです。

 

椎間板とは、24個の腰椎に間にあるクッションの役割を果たしているものであり、
背骨にかかる力を分散してくれています。
もし、24個の腰椎という骨だけだと、骨どうしがすれてあるくたびに痛みがおきますが、
それをなくしてくれているのが椎間板なのです。

 

椎間板ヘルニアは、この椎間板が飛び出てしまう、ヘルニアと呼ばれる状態のことをいいます。
椎間板が突出しているので、脊椎の神経を圧迫します。神経が圧迫されると、痺れが起こります。

 

 

痺れが起こる範囲は神経が圧迫されている部分によって異なります。脊髄神経には、背骨を横断する脊髄神経という太い神経と脊髄中枢神経から枝分かれしており、そこから体の抹消を支配しています。
椎間板の突き出しが浅いと、太ももなどの表層に痺れがでますが、突出が大きくなると、左右の足同時に痺れがでるようになります。
椎間板ヘルニアは、症状が軽い場合は、コルセットで安静を支持されますが、痺れがひどい場合や、歩行困難になっている場合は手術が行われることがあります。

 

・変形性腰椎症

変形性腰椎症とは腰椎症とも呼ばれる病気で、背骨を構成する腰椎が何らかの原因で変形したりします。これは加齢によって腰椎や椎間板がすり減ったりしてどんどん劣化していくことが原因であると考えられています。
加齢が進むにつれて、椎間板は柔軟性がなくなり、椎間板がつぶれやすくなるため、腰椎の一部に骨棘と呼ばれる突出ができてさらに腰痛が悪化します。
この変形性腰椎症は、保存療法がほとんどで、コルセットでサポートしたり、運動をして周りの筋肉を鍛えたりします。
痛みが強い場合は薬を処方したりします。
また手術が行われることがあります。骨棘を除去する手術や。腰痛が不安定な状態であれば、固定器具を背骨に埋め込んで、腰椎を固定する手術などがあります。

 

・腰椎分離症

腰椎分離症とは、椎骨の椎骨棘突起が折れてしまうことによって腰痛がおきる病気です。
スポーツなどを盛んに行う成長期のお子さんにもおこる病気です。
保存療法として、安静とコルセット、激しい運動を控えるといったことがおこなわれます。
ほとんどは保存療法ですが、手術が行われることもあります。椎骨を固定する手術を行うので、高齢者の場合ではなかなか歩けなかった方が手術によって歩けるようになったということもあります。
この腰椎分離症はレントゲンなどの検査でわかるので、整形外科を受診しましょう。

 

・すべり症

 

すべり症は背骨の関節が外れてしまったり、骨がずれてしまう病気のことです。
すべり症には、骨が前にずれてしまう前すべりと、後ろにずれてしまう、後すべりなどがあります。
主な症状は、腰の痛み、下半身の痛みとしびれがあります。さらに、病気が進行するとこれらの症状が悪化してしまうので、歩行困難になることもあります。
整形外科でのエックス線検査でたいていはわかりますが、実際に動いている状態を検査するためにCT検査が行われることがあります。
すべり症も多くの場合は保存療法といって薬で症状を緩和させたり、コルセットで固定するといった治療を行うのがほとんどです。
しかしすべり症と診断されて日常生活に支障が著しくある場合は、手術が適応されることがあります。
手術は主に、神経を圧迫している部分を削って圧力を取るのぞく除圧手術と、すべってしまっている椎骨が不安定な場合は、椎骨を固定して安定を図る固定術という手術が行われることがあります。
症状はどんどん悪化していくことがあるので、整形外科での診断と治療が重要となります。

 

・骨粗しょう症

 

骨粗しょう症は腰痛を引き起こす病気として注意しなくてはいけない病気です。
骨密度が低下する病気で特に女性に多くみられる病気です。
50代から徐々に骨密度が低下し、腰痛や背中の痛みを感じるようになります。
骨粗しょう症になってしまうと、カルシウムが減少し、骨がスカスカの状態になってしまいます。
自覚症状はないので、転んだ拍子に簡単に骨折してしまいます。
骨粗しょう症になっていて、重たい荷物をもつことで、背骨が折れて、そのまま立てなくなる、介護の必要な状態になることもあります。
また完治しても、慢性的な腰痛を引き起こすことがあります。
骨粗しょう症は、食事、運動、薬物療法を行って予防、症状の進行をとめることで、骨のスカスカの状態を改善して、腰痛や骨折にならないように予防することが大切です。
カルシウムの多い食事と適度な運動で骨を強くしていくことが重要です。
また、整形外科では、腸からのカルシウムの吸収を強化する薬や、骨を強化する薬を処方してもらいます。
また骨は吸収と増生を繰り返して、日々、生まれかわっていますが、この吸収を抑えて骨を強化する薬が処方されることもあります。
骨粗しょう症は整形外科での検査、骨密度測定でわかりますので、50歳を過ぎたら、特に女性は骨粗しょう症を予防して腰痛を予防することが大切です。

 

 

3

、 整形外科での腰痛治療とは?


慢性腰痛症と診断されると、整形外科では主に鎮痛剤などの薬や湿布が処方さえることがほとんどですが、痛みが強い場合、神経ブロック注射という注射をすることがあります。
整形外科で行われる腰痛治療、神経ブロック注射をご説明していきましょう。

 

 

<神経ブロック注射>

神経ブロック注射とは?
痛み止めがなかなか聞かない慢性腰痛症の方には、神経ブロック注射が行われることがあります。
これは腰痛を引き起こしている神経やその周辺に局所麻酔を注射して痛みを抑える治療法です。
また血流アップ効果もあるので、凝り固まっている筋肉をほぐす効果もあります。
腰痛の原因の85%の原因がわかっていませんが、腰周辺の筋肉がこわばり、血管が収縮して、酸素や栄養が行き渡りにくくなり、さらに痛み物質が蓄積しやすい状態にあるのが腰痛です。
ですからその炎症を抑えるためにこの神経ブロック注射が行われます。この麻酔効果は数時間しかもちませんが、痛みが緩和されるので、血流が促進されるため、実質的には数日から数週間の効果を実感できる方もいます。
神経ブロック注射にはいくつかの種類があります。

 

・仙骨裂孔ブロック

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、ギックリ腰などによる腰痛に用いられる注射が、仙骨裂孔ブロックです。
ベッドにうつ伏せになって、尾骨付近、お尻部分に存在する仙骨裂孔に注射を行います。
そうすることで、仙骨から、お尻付近の腰椎に効果を発揮します。
注射後は30分、安静にしないといけません。

 

・硬膜外ブロック

硬膜外ブロックとは、硬膜外腔と呼ばれる脊髄の外側になる空間に局所麻酔を注射するものです。脊髄から体中に張り巡らされてた末梢神経を一時的に遮断して、痛みを取り除き、血流量をアップさせます。
この硬膜外ブロックはとくに血管を拡張させる効果が強いので、硬膜外ブロックを行った直後から、下半身がポカポカしてきます。
硬膜外ブロックの作用時間は2時間程度ですが、この内服薬では得られない、強い血管拡張効果は、腰痛を数週間近く改善してくれます。
この硬膜外ブロックは下半身を痺れさせて行う手術に使われる麻酔方法です。
よく痔の手術をするときに、この硬膜外ブロックが行われるのですが、痔の手術後に腰痛がよくなったという人がいるのはこのためです。

 

・神経根ブロック

上記の仙骨裂孔ブロックや硬膜外ブロックでも効果がない場合に行われる神経ブロック注射が「神経根ブロック」です。脊椎から出る神経根に直接もしくは、その周囲に局所麻酔を注射します。神経根は脊髄神経の根元の部分であり、痛みを脳に伝える神経を完全にブロックします。
レントゲン透視下で体の内部を透かしながら行います。

 

・椎間板ブロック

椎間板ヘルニアなどに行われるもので、椎間板に局所麻酔を行います。椎間板が原因の腰痛に行われます。

 

 

・椎間関節ブロック

椎間関節が原因でおこる腰痛に行われる注射です。
腰椎の関節部分に針を刺して局所麻酔薬を注射します。体を動かすと痛い腰痛が特に適応になります。

 

・副作用と注意点

これらの神経ブロックの副作用は、注射時の痛みや、血圧の低下、出血、感染などがあります。重篤な副作用は0.0001%であり、神経ブロック注射によって、何か障害が残るということはまずありません。
よく注射をすると癖になるという方がいますが、中毒量は5〜20%の局所麻酔薬であり、病院で使用されている麻酔薬で中毒になることはありません。
また注射を受けた当日は、激しい運動を控え、アルコールも控えましょう。
また感染予防のため当日は入浴を控えましょう。
治療は週に1回、月に4〜5回が目安となります。
根本的な原因の解決にはならないものの、血流アップ効果があるので、慢性腰痛症には一定の効果があるので、整形外科の先生に相談して行ってみるのもいいでしょう。

 

4、 腰痛になったら、どんなところにいけばいい?

整形外科に行っても腰痛が治らないときに行く場所は、整体やマッサージだったりします。それぞれの特徴と腰痛が改善できるのかどうか、本当のところを説明していきましょう。

 

・接骨院

接骨院は柔道整復師という国家資格を持つ人が患者さんの施術を行います。
骨折や脱臼、捻挫、打撲の治療を専門に行っています。保険治療も扱っています。
接骨院の最大の特徴は、自然治癒力を最大限に生かす施術です。ですので、整形外科に行っても腰痛が改善しないときは、接骨院で施術を受けてみるのもいいかもしれません。

 

・鍼灸院

 

鍼灸院では鍼灸師という国家資格をもった人が、患者さんへ施術を行います。
東洋医学のツボを熟知しており、ツボへ針やお灸を使って、腰痛へアプローチします。
ツボは神経のつなぎめであり、ツボからアプローチすることで腰痛が改善していきます。
整形外科での保存的治療でなかなかよくならないのであれば、腰痛に効くツボを針やお灸で刺激してもらうことで、腰痛が改善される方も大勢います。

 

・指圧・あん摩マッサージ

 

あん摩マッサージ指圧師という国家資格をもった人が行うマッサージでも腰痛を改善へと導くことができます。直接手を使って腰痛を起こしている筋肉をほぐすことで、慢性腰痛症へアプローチしていきます。
国家資格をもっているので、安心して施術を受けることができます。

 

・カイロプラクティック

 

カイロプラクティックは国家資格がない人が行う施術です。民間資格はあるようですが、勉強量と比べると柔道整復師や鍼灸師よりも少ないのが事実です。もちろん中には効果があって通っている方もいますが、ひどい腰痛持ちであるなら、まずはカイロプラクティックよりも国家資格をもった接骨院や鍼灸院の施術から受けたほうがいいかもしれません。

 

・整体

整体もカイロプラクティックも実は違いはなく、国家資格をもっておらず、民間資格です。
骨盤マッサージなど、骨にアプローチしているように思いますが、その施術に本当に効果があるかは、はっきりとわかっていません。

 

 

 

5.腰痛になりやすい人の特徴

腰痛の原因はなかなか整形外科を受診してもわかりませんが、腰痛になりやすい方の特徴があります。
腰が痛くなるのは、腰椎やその周辺の筋肉に異常が起きています。一定の姿勢をずっと続けていたりすると特に、腰の筋肉は疲労して腰痛がおきてしまいます。
デスクワークが多い方は座りっぱなしになるので、同じ姿勢が継続して腰痛が起こりやすいです。
また運送業者など、重たいものを上げ下げする職業の方は腰への負担がかなりかかるので、腰痛がひどくなりやすいです。また肥満の方はその体重を腰が支えていますので、腰痛持ちの方がほとんどです。妊婦さんが腰痛になるのは体重が増加することに加え、お腹が大きくなって体が沿った姿勢になるので、腰痛が悪化しやすくなります。
またX脚やO脚の方は通常よりも脚に負担がかかり、腰にまでストレスがかかるので、腰痛になりやすいです。
また体が硬くて冷え性の方は血行が悪いので、筋肉がコリやすく腰痛になりやすいです。
さらに、体にあわないベッド、特に腰が沈み込んでしまう低反発マットレスは脊椎のS字カーブが崩れやすいので腰が痛くなりやすいとされています。
このように腰痛になりやすい方には特徴があるので、当てはまった方は姿勢を気をつけたり、腰痛対策のストレッチなどをするようにしましょう。

 

 

6、腰痛対策おすすめのグッズ

 

腰痛の原因は整形外科に行っても、わからないということがほとんどです。
ですが、毎日の生活において、姿勢が悪いことで腰に負担がかかるために腰痛が引き起こされると考えられています。
その中でも、人生の3分の1は睡眠が占めています。
睡眠時の腰への負担は大部分で、腰痛を悪化させています。ですので、睡眠時にいかに腰に負担をかけないかということが腰痛改善への近道といえます。
そこでおすすめの腰痛対策グッズは「高反発マットレス」です。

 

柔らかすぎる低反発マットレスは腰への負担が大きくなり、腰痛を悪化させてしますことがあります。
高反発マットレスは、背骨のS字湾曲を保ち、腰への負担を軽減させ、バランスよく力を分散してくれます。
ですので、腰痛を改善させたいのであれば、人生の3分の1を占める睡眠、
そのときの姿勢を改善する高反発マットレスがおすすめです。

 

>>腰痛の人におすすめの人気マットレス<<

 

まとめ

・腰痛の原因の85%は整形外科を受診しても原因がわからない
・整形外科を受診しても腰痛の原因がわからないのは、深層の筋肉が炎症を
おこしてしまっていて、画像診断や血液検査でもなかなか診断するのが難しいから
・ただし、腰痛の中には整形外科を受診した方がいい病気も隠れていることがあるので、腰痛になったらまずは整形外科を受診した方がいい
・整形外科での腰痛治療には神経ブロック注射というものがある
・神経ブロック注射は血行促進効果もあり、実際効果が長くもつこともあるので、慢性の腰痛であれば一度痛みをブロックしてもらうのもおすすめ
・腰痛の原因はほとんど、毎日の姿勢であり、とくに人生の3分の1を占める睡眠時の姿勢を改善することが腰痛改善におすすめ。

 

 

腰痛は国民病ともいわれるほど、多くの方が悩んでいます。まずは腰痛の原因を整形外科で調べてもらって、わからない場合は、ストレッチや腰痛対策グッズを使って、腰痛を改善していきましょう。