マットレスが原因で寝起きに腰が痛い人の理由

マットレスなんて、どれも同じだろう?

 

と思っている人もいるかもしれませんが、

 

マットレスが原因で寝起きに腰が痛い、首が痛いと感じる人は
早急にマットレスを交換することをお薦めします。

 

腰痛お薦めマットレス 

 

 

良く言われることですが、

 

人間が生きている中で寝ている時間というのは

 

8時間睡眠であれば3分の1ですし、6時間睡眠であれば
4分の1です。

 

人生の多くを睡眠に使っている訳です。

 

この睡眠の質を悪くする様な事があれば、体調が崩れたりするのは
当然で、

 

逆に如何にうまく、この睡眠を利用するかで、
起きている時間を有効に使う事で出来るわけです。

 

 

 

マットレスが原因で腰が痛い人

 

マットレスやベッドに寝ていて、朝起きたら腰が痛い人の殆ど理由が
マットレスやベッドが柔らかくて、腰の部分が沈んで寝ている人です。

 

体の中で、お尻部分は一番重量があるので、柔らかいマットレスや敷布団に
寝ていると、その部分が沈み、沈めば沈むほど、そこに重量が掛かってきます。

 

 

仰向けに寝ていても、うつ伏せに寝ていても、同じ様に腰を痛めます。

 

 

柔らかいマットレスで腰を痛めない方法は?

 

腰が痛い人・腰痛持ちの人・ヘルニアなどの持病を持っている人に
柔らかいマットレスはお薦めしません。

 

低反発のマットレスもお薦めしません。
それどころか、

 

低反発のマットレスは腰痛を悪化させます

 

低反発トゥルースリーパーで腰痛悪くなる

 

しかしながら、手持ちのマットレスしか無く、買い替えも出来ない場合の
方法を教えます。

 

それは、腰の部分にタオルを複数枚おいて、
その部分を固くする事です。

 

何枚のタオルを敷くのが良いのか?はそのマットレスや、使う人の体重などに
よって異なるので、

 

タオルを敷いてみて、自分の腰が沈まない程度に枚数を重ねてみてください。

 

何枚敷いても腰部分が沈んでしまう場合は、得策ではありませんが、
タオルよりも固いシートなどを敷いてみて下さい。

 

 

そうすることで、腰部分の沈みがなくなり、腰痛はある程度解消する
はずです。

 

 

しかしながら、あくまでこれは応急的な措置であり、
タオルやシートでは一部が固くなるだけで、

 

これだけでは、腰痛や背中痛が改善されるな根本的な解決策には
なりません。

 

腰痛改善には、

 

体圧分散がしっかりとされているマットレスがおすすです。