おすすめベッド式マットレスの選び方

 

おすすめベッド式マットレスの選び方

マットレスには大きく分けてベッドの上に使用して使うベッド式(用)マットレスと、ベッドにも使いますが主に畳やフローリングに敷いて使う、直敷マットレスの2つがあります。

 

当サイトでは、主に後者の直敷マットレスのおすすめを紹介しておりますが、こちらのカテゴリーでは、ベッド式マットレスのおすすめ商品の特徴や口コミを紹介しております。

 

ベッド式マットレスは、高額な物からお手軽な物まで値段の幅が広く、品数も海外の物を含めると非常に多いため、選ぶのに時間がかかると思います。

 

値段が高い=良い品質 と言う訳では無いというのが、当サイトの判断で、当サイトでは現在、雲のやすらぎという西川やシモンズと比較すると有名ではありませんが、品質が非常に高くそれでいて、値段が10万円以下というベッド式マットレスが一押しの商品です。

 

是非、ご覧ください。

 

雲のやすらぎマットレス

 

>>やすらぎベッド式マットレス<<

 

 

有名ベッド式マットレスの特徴

 

シモンズ

「ポケットコイル」というマットレス内のスプリングが一つ一つ包まれて独立し並べられたものが特徴で、それによって体を点で支えることができ、人それぞれの体に的確に対応することができます。

 

→詳細はこちら

 

フランスベッド

「コンプルマットレス」という高密度マイクロ連続スプリングの周りに発泡性のウレタンを注入したものが特徴で、ベッドの端までしっかり支える強固な耐久性があります。日本の気候に合わせた通気性の高いスプリングと詰め物の設計になっています。

 

→詳細はこちら

 

西川

様々なタイプのマットレスがありますが、中でもGOOD DESIGNを受賞したエアーSIマットレスは、体を点バランスよく支える特殊立体クロススリット構造が特徴で、1860個もの点で体を支え、通気性にも配慮した設計になっています。厚さが薄いので、普通のマットレスの上に重ねて使用することも可能です。

 

→詳細はこちら

 

シーリー

ザ・リッツ・カートンなど世界の有名ホテルで採用されており、荷重がかかるほどサポート力がアップする「ポスチャーテックコイル」が特徴で、整形外科医学的に正しい構造を実現するなど、信頼があります。

 

→詳細はこちら

 

パラマウントベッド

医療用、介護用に特化しているのが特徴で、スタンダードハイ・スタンダード床ずれ防止の3種類のマットレスシリーズがあります。防水カバータイプなど、医療、介護ならではの機能があります。

 

→詳細はこちら

 

アイシン精機

自動車部品メーカーとしての技術を生かして作られたASLEEPはFINE REVOという独自のノンスプリングクッション素材が特徴で、ぷにぷにとした円柱状の素材は、形状再現性に優れています。マットレスはパーツごとに買い替えることができ、長く使用することが可能です。

 

→詳細はこちら

 

やすらぎマットレス

高反発で分厚いのが特徴で、27センチにもなる13層で構成され、3Dスプリング高反発構造によって寝返りを打っても特定の部位に負担がかからないようになっています。

 

→詳細はこちら

 

ニトリ

ポケットコイル2層構造が特徴で、上部は体にフィットし、下部はしっかりと支えるという構造になっています。それぞれの層に線径の異なるポケットコイルを配置し、体の負担を和らげます。

 

→詳細はこちら

 

 

ベッド式マットレス買い方

 

ベッド式マットレス買い方

マットレスとは、「横たわる場所」というアラビア語が由来で、ベッドと布団の間に敷いて使う寝具です。

 

畳で布団の下に敷くものと、ベッドの上に敷いて使うタイプがあります。使われている素材もさまざまで、自分に合うものや好みで選ぶことになります。

 

スプリングマットレスというものは、薄いフェルトやウレタンで金属のバネを挟んだようになっており、それをキルトの布などで覆ってあるものです。

 

中がバネで、空間が多いため、通気性がよく水分が乾きやすくカビが生えにくいです。フローリングに直接置いたり、低いベッドではカビ発生予防にこのタイプを使うのが適切です。重さは20キロを超えるほどのものが多く一人では移動が難しいことや、厚手の敷布団がないとバネの感触や音などが気になることがあるようです。

 

次にウレタンマットレスがあります。使われている素材はウレタンで、高反発のものと、力がかかると緩やかに沈んだり戻ったりするクッション性が高い低反発のものがあります。高反発のものは、重さでいったん沈むのですが沈み過ぎず重さに応じてウレタンが反発して体に沿った形状になります。

 

寝心地は固めですが、体との間にできる空間が通気性を高めます。重量には比較的強く、体重のある人でも利用しやすいです。圧力を分散するので体が痛くなりにくいようです。低反発は安価で購入しやすく洗濯できるなど手入れもしやすいです。

 

体の形状に馴染むため、寝心地がよく、素材が柔らかいため体の重さからくる手足のしびれなどが起きにくいようです。しかし、柔らかすぎるため肩こりや腰痛の原因になったりすることもあるようです。そしてパームマットレスというものがあります。

 

ココナツの木(椰子)の繊維を素材としてできているものです。たわしに使われているものと同じで、茶色く固い繊維を圧縮してゴムでかためています。硬さを調節するためにウレタンを入れて作っているものがあります。

 

自然素材で安心安全に利用できる上に、通気性にも優れており暑い時期には涼しく乾燥も早いです。また保湿性もあり冬にも快適に利用できます。畳と似たような感触で硬い寝心地です。

 

以上の3種類が主ですが、体が沈み込み過ぎる柔らかいものは人の自然な動作である寝返りなどを行うのを妨げることがあります。柔らか過ぎるものに一定時間体を預けることは、人の体に余計な筋肉の緊張を与え、疲れの原因になります。マットレスを選ぶ際は硬さを考慮することが重要になってきます。

 

 

 

シモンズは1870年に世界で初めてマットレスを作り販売した老舗中の老舗であり、世界を代表するトップマットレスメーカーとしてその名を轟かせています。少し良い値段のホテルなどではよく目にするメーカー名であり、また寝具の展示販売コーナーでは最も目立つ場所に置かれていることも少なくありません。良い点ではこのシモンズのマットレスの特徴は何かというと、何よりも特筆するべきはその耐久性です。ホテルなどの宿泊施設...

 
 

ツインタイプのマットレスを使いたいけれど、本体同士の繋ぎ目にできる隙間が気になってしまう人に、 フランスベッドマットレスはぴったりです。良い点このメーカーではツインタイプの製品のために、すきまスペーサーというパーツを用意しており、ツインタイプの繋ぎ目にフィットするように設計されています。ホコリや髪の毛が本体の繋ぎ目に入り込む事を防げるだけでなく、専用カバーが付いているために、すきまスペーサー自体も...

 
 

どのベッドを使っていても身体の一部が沈み込んでしまい、寝心地の良さを感じられない人にぴったりなのが、東京西川ベッド用マットレスです。 良い点東京西川ベッドではトリカルネットという、身体の沈み込みを防止するためのネットをウレタンフォームの下に敷いています。ネット部分が硬すぎるせいで、寝心地が悪くなってしまわないように工夫されており、生地の柔らかさと弾力が両立しているところが好評です。トリカルネットが...

 
 

アメリカのベッド業界のトップブランドとして、130年以上の歴史を持つシーリー社の商品は、日本でも年々知名度が向上してきています。良い点著名な研究者が結集して、整形外科諮問委員会との連携によって開発された商品の数々は、就寝中の身体を気遣いたい方々からも評価が高いです。整形外科医学的に正しい構造を作り出すために、マットレスの部分ごとに使う素材を変えている点が評価されています。頭から首にかけてのラインに...

 
 

良い点少し体重が大きい人であっても、寝心地の良さを感じられるように作られているのが、パラマウント ベッド用マットレスの良い点の一つです。体重を上手く分散させるために、ウレタンフォームを二層にするという構造も評価されており、ウレタンの一部だけ硬く感じるという事もありません。トップ部分には摩擦抵抗を抑えられる生地を選び、ボトム部分には耐久性を重視した生地を選ぶという、部分ごとの生地の選び方を工夫した製...

 
 

良い点自分の身体に合った寝具を見つける事に苦労している方々も、アイシン精機ベッドマットレスを利用すると、自分に合うベッドを簡単に作り出す事ができます。このメーカーのマットレスには、ファインレボユニットというパーツを使う事が可能で、パーツを動かす事によって理想的なベッドを作る事が可能です。少し腰を浮かせたいと思った際には、背中やお尻に近い位置にファインレボユニットを動かすだけで、自分の身体に合う構造...

 
 

やすらぎマットレスの正式名称は、雲のやすらぎといいます。身体にやさしいマットレスとして、口コミで話題になっています。価格値段についてですが、販売店によって差は見られません。最も参考になるのが、公式サイトです。シングルサイズであれば、3万9800円で購入できます。送料はかかりません。この他だと、楽天とyahooショッピングで販売されています。どちらを選んでも、公式サイトと同じ価格です。送料も一切かか...

 
 

ニトリは現在国内に386店舗、台湾に24店舗を構える日本を代表する一大家具メーカーとなっています。そこではマットレスも製造から販売まで一貫した流通で行われているため、他社と比べてもさまざまな選択肢がさまざまな価格帯で買えるようになっています。価格具体的な価格としては安いもので1万円以下、高いものになると14万円以上のものもあり、ものによってはフランスベッドをはじめとする他社製のマットレスを販売して...